5.ホームページのアップロード(WEB上に公開)

ここではホームページデータをWEBへ公開するための解説をしています。
作成までは順調だったけど、アップロードでつまずくということはよくあります。

ホームページファイルのをアップロードするサーバーを用意する

ホームページを公開するにはホームページデータをアップロードできるサーバーが必要になります。
サーバーは下記のような種類のサーバーがあります。

※サービスによっては上記通りとは限りません。

無料ホームページスペースを取得しよう

ここではプロバイダのホームページスペースがない方のために、無料ホームページスペースを使用して解説をします。 無料ホームページスペースでオススメなのはSITEMIXです。 FC2ホームページです。
広告がほとんど無く、容量も1GBと大容量なので画像などもたくさんアップロードできます。

ホームページ転送ソフトをダウンロードインストールしよう

ホームページデータをアップロードするにはFTP転送ソフトを使用します。
FC2ホームページにはFTPアップロード機能も付いていますが、 一度FFFTPを設定すれば、今後楽にデータをアップできるようになるため、 また他のサービスでも利用出来るよう今回はFFFTPというフリーソフトを使用します。
ソフトのダウンロードは下記から

FFFTPをダウンロードしたらPCにインストールしてください。

FFFTPを設定しよう

FFFTPでホームページデータを転送するためにはFTP接続設定が必要です。

ご利用のサービスのFTP情報を確認してください。
FTP情報はプロバイダ契約時にもらった書類、レンタルサーバーでしたらメール等で届く事が多いです。
また、FC2ホームページの場合は登録時に設定したパスワードになります。
必要な情報は下記の3つです。

ホスト名(アドレス)FTPサーバーなどと記載されている場合もあります。
ユーザー名IDなどと記載されている場合もあります。
パスワードパスワードが間違っているとエラーになる場合はFTP用のパスワードか確認してみてください。
サービスによって、メール用のパスワードやログイン用のパスワードなどそれぞれが違う場合があります。

それでは、FFFTPを起動してみましょう。

起動したらはじめに、サーバーへ接続するための設定を行います。
メニューの接続よりホストの設定をクリックしてください。

ホスト一覧のウィンドウが開きますので、右側の新規ホストをクリックしてください。

ホストの設定ウィンドウが開きます。
下図のように必要な項目を入力してOKをクリックしてください。

接続の設定ができました。
FFFTPを終了しても、次回からもこの設定は残ります。
では、設定した接続先を選択して、接続をクリックしてださい。

接続されました」と下部に表示されれば正常に接続できました。

アップロードしてみよう

アップロードはアップロードするファイルを選択して、
右クリック→アップロードとするか、ファイルを選択した状態で右側(サーバー側)へドラッグ&ドロップしてください。